Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items

Nuclear Extract Kit

高品質の核、細胞質または全細胞抽出物の調製

Nuclear Extract Kitは、哺乳類の細胞または組織サンプルから高品質の核、細胞質または全細胞抽出物を単離できます。これにより、試薬やプロトコールを最適化する必要がなくなり、毎回高収率で抽出物を得られます。さらに重要なことは、このキットで抽出手順を標準化することで、より再現性の高い結果が保証されることです。抽出物は、EMSA、ウェスタンブロットおよび結合アッセイを含む様々なアプリケーションでの使用に適しており、弊社のTransAM® Transcription Factor Assaysの抽出液の調製に非常に適しています。

NEK Fractionation Western blots
NEK Fractionation Western blots

(Click image to enlarge)

Nuclear Extract Kitは、新鮮なもしくは凍結した細胞および組織サンプルともにワークし、細胞質抽出物(濃度12mg / ml)から約0.5から1 mg、核抽出物(濃度35mg / ml)から約150から250 ug8.8 x 106細胞からの全細胞抽出物(濃度48mg / ml)から約1.2から2.4mgのタンパク質を得られます。キットの手順は簡単で、完了まで2時間程です。このキットには、タンパク質を保存するためのプロテアーゼおよびホスファターゼ阻害剤に加え、溶解用のバッファー、界面活性剤および試薬が含まれています。

Nuclear Extract Kitの詳細については、下記の詳細タブまたはContentsタブをクリックしてください。マニュアルやその他の関連文書を表示するには、プロトコルおよび資料タブをクリックしてください。

 

簡易プロトコール

アッセイ時間:    2時間

使用回数:      100回分もしくは400回分

核タンパク質収量: 8.8x106個の細胞から150-250 ug (3-5 ug/ul)

 

<培養細胞の場合>

A. 核抽出液の調製(8.8x106個の細胞細胞を使用(10cm dish一枚分))

   1.    細胞の溶解

   2.    細胞質画分の回収

   3.    核画分の回収

   4.    -80℃で保存

 B. 全細胞抽出液の調製(8.8x106個の細胞細胞を使用(10cm dish一枚分))

   1.    細胞の回収

   2.    細胞の溶解

   3.    -80℃で保存

 

<組織の場合>

A. 核抽出液の調製

   1.    組織のホモジェナイズ処理

   2.    細胞の溶解

   3.    細胞質画分の回収

   4.    -80℃で保存

 B. 全細胞抽出液の調製

   1.    組織のホモジェナイズ処理

   2.    細胞の溶解

   3.    -80℃で保存

 
Name Format Cat No. 価格 (税抜)  
Nuclear Extract Kit 100 rxns 40010 ¥45,000 Buy Now
400 rxns 40410 ¥131,000 Buy Now
Lysis Buffer AM1 50 ml 37512 ¥9,500 Buy Now
Detergent 25 ml 37517 ¥8,100 Buy Now

適用

Nuclear Extract Kitを用いて得られた抽出物はアクティブ・モティフ社のTransAM® Kitsをはじめ, ゲルシフトアッセイ, ウェスタンブロッティング, DNAフットプリンティング等の解析や, 転写因子精製に使用することができます。

Nuclear Extract Kit advantages

  • 高品質の試薬のため, 再現性のよい結果が得られます。
  • 条件検討を行う必要がありません。
  • 抽出に必要な全ての試薬が含まれます。
  • 核抽出物と細胞質抽出物, 全細胞抽出物を1つのキットで調製することができます。

使用例

Nuclear Extract Kitの品質を実証するため, TNF-α 30分処理/未処理のHeLa細胞から核抽出物と細胞質抽出物を調製した。活性化されたNFκB は核内へ移行するため, TNF-α 30分処理した細胞抽出物のみが活性化されたNFκBを含むはずである。予測通り, 図1のような結果を得た。

Specific extraction of nuclear and cytoplasmic extracts using the Nuclear Extract Kit
図1: 核画分および細胞質画分の高品質抽出

Nuclear Extract Kitで核抽出物と細胞質抽出物を調製し, それぞれの抽出物量でthe TransAM® NFκB p50 Kit を用いてNFκB 活性を測定した。

アクティブ・モティフ社では数多くの  核抽出物(nuclear extracts), 細胞質抽出物(cytoplasmic extracts), 全細胞抽出物(whole-cell extracts)をご用意しています。これらの抽出物はNuclear Extract Kit内の試薬と同等の高品質な試薬を用いて抽出しています。TransAM Transcription Factor DNA-binding ELISA で, ポジティブコントロールとしてご使用頂ける抽出物も多数ご用意しています。

Contents & Storage

The Nuclear Extraction Kit is shipped on dry ice and contains reagents with multiple storage temperatures inside. Please store each component at the temperature indicated below. All reagents are guaranteed stable for 6 months from date of receipt when stored properly.

  • 1 M DTT (Dithiothreitol); Store at -20°C
  • Protease Inhibitor Cocktail (PIC); Store at -20°C
  • Lysis Buffer AM1; Store at 4°C
  • 10X PBS; Store at 4°C
  • Phosphatase Inhibitors; Store at 4°C
  • 10X Hypotonic Buffer; Store at 4°C
  • Detergent; Store at 4°C