Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items
遺伝子発現制御

共免疫沈降 (Co-Immunoprecipitation)

簡便な共免疫沈降キット

共免疫沈降 (Co-IP: Co-Immunoprecipitation) はタンパク質相互作用の研究において大変有用な方法です。共免疫沈降ではまず, 目的タンパク質の1つを認識する抗体を用いて免疫沈降します。これにより目的タンパク質に結合する他のタンパク質も共免疫沈降されます。次に得られた複合体について, 目的タンパク質に結合している他のタンパク質を認識する抗体を用いてウエスタンブロッティングを行います。

アクティブ•モティフでは共免疫沈降のための製品を2 種類ご用意しています。以前から発売している Nuclear Complex Co-IP Kit  は核タンパク複合体の共免疫沈降に最適です。核タンパク質複合体を保持させるための抽出試薬および免疫沈降試薬が含まれます。ただしビーズは含まれていません。

Universal Magnetic Co-IP Kit は従来から発売している Nuclear Complex Co-IP Kitを改良したものです。核タンパク質複合体に加え, 細胞質のタンパク質複合体にも使用できるよう, 最適化した試薬が含まれています。また, 本キットにはプロテインGでコートした磁気ビーズが含まれ, このビーズによりバックグラウンドが抑えられるとともに, 免疫沈降やビーズの洗浄操作が簡便になりました。