Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items
タンパク質検出・定量

Nitric Oxide Quantitation Kit

一酸化窒素産生を迅速かつ正確に定量できます

 アクティブ•モティフ社の Nitric Oxide Quantitation Kit は生体試料でのNO産生量を従来法よりも迅速かつ簡便に測定できるキットです。本キットはコファクターを用いることにより, 実験ステップや時間を減らすことができます。また試料濃度については広範囲で直線性を示すため, 試料の希釈を変更して再度解析することが他の解析法よりも大幅に少なくなります(詳細タブをクリックしてご覧下さい)。Nitric Oxide Quantitation Kitは血漿, 血清, 唾液, 尿, 細胞可溶化物, ホモジネート組織や組織培養液などさまざまなサンプルでご使用頂けます。

 
Name Format Cat No. 価格 (税抜)  
Nitric Oxide Quantitation Kit 2 x 96 rxns 40020 ¥79,000 Buy Now

Nitric oxide (NO) is a biological signaling and effector molecule involved in many biological functions, including maintaining blood pressure, modulating neural transmissions and stimulating immune responses. Nitric oxide is also implicated in the regulation of hypoxia-inducible factor 1α, a transcription factor that is a key regulator of oxygen homeostasis1, 2 (see TransAM® HIF-1). Consequently, Nitric oxide has become the subject of extensive research.

Nitrate standard curves prepared using the Nitric Oxide Quantitation Kit and a conventional LDH-method kit
Figure 1: Dynamic range of nitric oxide standard curves.

Nitrate standard curves prepared using the Nitric Oxide Quantitation Kit and a conventional LDH-method kit. The Active Motif method provides linear results over a wider range.

References

  1. Huang, LE et al. (1999) J. Biol. Chem. 274: 9038-9044.
  2. Liu, Y et al. (1998) J. Biol. Chem. 273: 15257-15262.

Nitric Oxide Quantitaion Kitの特長

NOの半減期は非常に短い (< 10 seconds)ため, 検出や直接的な研究が困難です。しかしNOは硝酸塩や亜硝酸塩に代謝されるため, これらの安定な陰イオンを定量することで, 本来存在したNOの量が間接的に分かります。

典型的なNO解析法は, 2段階もしくは3段階のステップを用いた乳酸脱水素酵素(LDH:lactate dehydrogenase)法です。どちらの方法も, まず初めのステップで硝酸還元酵素によって硝酸塩を亜硝酸塩に還元します。最後のステップで Griess 試薬を用いて亜硝酸塩を紫色のアゾ化合物へと変換し, 分光光度計を用いて540 nmの吸光度を測定します(図1)。しかし硝酸塩還元に必要なコファクターであるNADPHが過剰にあると, Griess反応を阻害し二段階測定の感度が低下します。そこで感度を上げるためにGriess反応の前にNADPHを分解するLDH反応を加えると, 結果的に複雑な三段階のLDH法を用いることとなり, 時間もかかります。

 

 
 
図1: NO解析法の原理

一酸化窒素は硝酸塩に変換され, Griess試薬と分光光度計を用いて測定する。

Unique features of the Nitric Oxide Quantitation Kit

アクティブ•モティフ社の Nitric Oxide Quantitation Kitは上述の解析を短時間で簡便かつ正確に行う事ができます。コファクターを用いることにより, NADPH分解と同時に硝酸塩から亜硝酸塩への変換反応を促進します。それゆえ, 還元酵素反応は30分に短縮され, LDH処理することなく高感度に比色定量をすることができます。さらにアクティブ•モティフ社の方法は, 広範囲で直線性が得ることができるため, 使用できるサンプル濃度範囲が広く正確な定量が可能です(図1)。つまり希釈濃度を変えて再測定が必要とされるサンプル数が他の方法に比べて少なくなります。さらに詳しい情報はNitric Oxide Quantitation Kitマニュアルをダウンロードしてご覧下さい。

>Nitric Oxide Quantitation Kitの利点

  • 迅速 — コファクター使用により, 硝酸還元酵素反応を促進します。
  • 簡便 — 少ないステップで高感度解析が可能です。
  • 正確 — 広範囲なサンプル濃度で直線性を示します。
  • ハイスループット — 96-wellフォーマットでハイスループット対応です。

Contents & Storage

The Nitric Oxide Quantitation Kit contains Nitrate Reductase, Cofactors, Griess reagents and two 96-well plates, which are stored and guaranteed for 6 months at 4°C. Upon reconstitution, the Nitrate Reductase and Cofactors are stored and guaranteed for 2 months at -20°C.