Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items
形質転換・遺伝子発現

β-Galactosidase Staining Kit

  β-Galactosidase Staining Kit は, lacZ遺伝子を含むプラスミドをトランジェントトランスフェクションまたは, ステーブルトランスフェクションした後にlacZ遺伝子を発現している細胞の割合を簡便に測定することができるキットです。

 
Name Format Cat No. 価格 (税抜)  
β-Galactosidase Staining Kit 75 rxns 35001 ¥46,000 Buy Now

X-galはlacZの遺伝子産物である β-galactosidaseの基質となり, 加水分解されると青色を呈します。また本キットはChariot™ Protein Delivery Reagent によりβ-galactosidaseを直接導入した際に, 導入効率を測定することも可能です(図 1)。 in vivo トランスフェクション後の組織切片解析にも有用です。

図 1: HeLa 細胞の染色

Chariot™ Protein Delivery Reagent とβ-galactosidaseの 119 kDaサブユニット1 µgを混合し30分間反応させ, HeLa細胞内に導入した。導入2時間後, 細胞を固定してβ-Galactosidase Staining Kitを用いて染色した。

Contents & Storage

Staining Solutions 1, 2 & 3, 10X PBS, 10X Fixing Solution and X-gal. Sufficient reagents are included to perform 75 assays in 35 mm plates. Reagent storage conditions vary from room temperature to –20°C, see manual for details. All reagents are guaranteed stable for 6 months when stored properly.