Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items
タンパク質検出・定量

Mitotic Assay Kits (Color & Chemi)

determine the fold induction of mitosis in a cell population

As mitosis is the most defining stage of cell growth, Active Motif's chemiluminescent and colorimetric Mitotic Assay Kits are an easy way to test the effect of various treatments on cellular division. The kits utilize the same highly specific mitosis marker antibody as the fluorescent Mitotic Index Assay, but offer an alternative colorimetric or chemiluminescent readout, enabling you to choose whichever assay format best suits for your needs.

 
Name Format Cat No. 価格 (税抜)  
Mitotic Assay Kit (Color) 2 x 96 rxns 18021 ¥74,000 Buy Now
Mitotic Assay Kit (Chemi) 2 x 96 rxns 18022 ¥83,000 Buy Now
Histone H3S28ph antibody (mAb) 100 µl 39098 ¥67,000 Buy Now

細胞分裂は厳密に制御された複雑な過程であり,その中心となる段階は有糸分裂です。有糸分裂期にある細胞を正確に測定することは, 薬剤等の化合物が細胞過程に与える影響を解析する際に大変有用です。Mitotic Assay Kit にはG2/M期で細胞周期を停止させるポジティブコントロールとして, パクリタキセルが含まれます。これにより, 他の薬剤が細胞周期に与える影響を解析する際に比較対象として使用できます。

 
 
図 1: HeLa細胞における有糸分裂のfold induction

1ウェルあたり20,000個のHeLa細胞をプレーティングし, 比色検出法(A)および化学発光検出法(B)を用いたそれぞれのMitotic Assay Kitで解析した。薬剤未処理のHeLa細胞と, 1 µM パクリタキセルで6時間処理し, 高い分裂指数を持った細胞集団を用いた。結果は8ウェルの平均値である。

細胞分裂は厳密に制御された複雑な過程であり,その中心となる段階は有糸分裂です。有糸分裂期にある細胞を正確に測定することは, 薬剤等の化合物が細胞過程に与える影響を解析する際に大変有用です。

有糸分裂特異的マーカー

有糸分裂期の特徴的な現象として,紡錘体微小管の形成およびクロマチン凝縮の2つが挙げられます。ヒストンH3の28番目のセリン残基は,核分裂が起こる前のクロマチン凝縮の間にリン酸化されるため,ヒストンH3の28番目のセリン残基のリン酸化は,有糸分裂期にある細胞のための有用なマーカーとなります。

化学発光検出キットおよび比色検出キット

96ウェルプレートで細胞を培養し, 細胞増殖に影響を与える可能性のある薬剤で処理します。 その後細胞を固定し, 28番目のセリン残基がリン酸化されたヒストン H3 に特異的なモノクローナル抗体を反応させ, 続いてHRP標識二次抗体を反応させます。その後発色試薬を加え, 比色検出または化学発光検出を行います。また高い分裂指数を持った細胞集団を形成させるため, G2/M期で細胞周期を停止させるパクリタキセルが含まれます。さらに細胞数測定および細胞数補正のためのクリスタルバイオレットも含まれます。

Contents & Storage

Two 96-well plates for culturing cells, Histone H3 phospho Ser28 monoclonal antibody (Clone HTA28), HRP-conjugated secondary antibody, Paclitaxel, Quenching Solution, 1X Antibody Blocking Buffer, 1X Antibody Dilution Buffer, 10X PBS, 10% Triton X-100, 1% SDS Solution, Developing & Stop Solutions and Crystal Violet Cell Quantification Solution. Storage conditions vary from room temperature to -20°C, see manual for details. All reagents are guaranteed stable for 6 months when stored properly.