Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items

SUMOlink™

simple, effective in vitro SUMOylation of proteins with proven controls

Active Motif's SUMOlink™ Kits provide a simple method for generating SUMOylated proteins in vitro. Using the SUMOylation enzyme cascade, carboxy-terminal SUMO-1, SUMO-2 or SUMO-3 peptide substrates are linked covalently to specific lysine residues on the target protein via isopeptide bonds. SUMOlink Kits provide all the reagents required for performing in vitro SUMOylation of target proteins, including positive and negative controls that help ensure success.

 
Name Format Cat No. 価格 (税抜)  
SUMOlink™ SUMO-1 Kit 20 rxns 40120 ¥88,000 Buy Now
SUMOlink™ SUMO-2/3 Kit 20 rxns 40220 ¥88,000 Buy Now

 


 
図 1: SUMO-1, SUMO-2および SUMO-3を用いたp53タンパク質のSUMO化解析

SUMO-1, SUMO-2および SUMO-3野生型およびそれぞれの変異型を用いたin vitro におけるp53タンパク質のSUMO化のウェスタンブロッティングによる解析 A) SUMO-1 の解析: 抗p53抗体 (5000倍希釈)および, 抗SUMO-1抗体(4000倍希釈)を用いてウェスタンブロッティングを行った。 B) SUMO-2/3 の解析: 抗p53抗体 (5000倍希釈)および, 抗SUMO-2/3抗体(4000倍希釈)用いてウェスタンブロッティングを行った。

Lane 1: 野生型SUMOタンパク質添加
Lane 2: 変異型SUMOタンパク質添加
Lane 3: p53コントロールタンパク質非存在下

 

タンパク質が翻訳後修飾を受けると,修飾活性や細胞内局在を介してタンパク質機能が変化する可能性があります。ユビキチン修飾(ユビキチン化)が果たす機能はタンパク質分解のための標識に留まらず,タンパク質の選別,転写活性化,DNA修復など多岐にわたります。SUMOはユビキチン様の修飾因子(UBL)で,ユビキチンの配列に対する相同性の違いから複数の種類に分かれています。SUMOの結合経路は,染色体の組織化と機能,DNA修復,核移行,シグナル伝達経路といった多くの生物学的過程に影響を与えます。脊椎動物では,SUMO-1,SUMO-2,SUMO-3の3種類が存在します。

SUMOlink の特長

SUMOlink Kitは簡単な操作で迅速にタンパク質をSUMO化しま す。キット付属のE1酵素とE2酵素,SUMO-1またはSUMO-2およびSUMO-3タンパク質,バッファー,タンパク質試料を混合し3時間反応させ,その後SDS-PAGE Loading Bufferを加えて反応を停止させます。SUMO化の確認にはウエスタンブロッティングを行います。キットにはポジティブコントロールとしてp53タンパク質とその抗体,ネガティブコントロールとして非機能性の変異型SUMOタンパク質が付属しています。標的タンパク質とコントロールであるp53タンパク質がSUMO化されたかどうかを確認するために,抗 SUMO-1抗体または抗SUMO-2/3抗体を使用します(詳細タブをクリックしてご覧下さい)。

適用

  • SUMO化が転写因子活性へ影響を与えるか
  • 細胞機能制御におけるSUMO化の意義
  • SUMOの標的となる新規タンパク質の探索

SUMOlinkの利点

  • タンパク質のSUMO化およびSUMO化タンパク質の検出を簡便か つ効率的に行うことができます。
  • SUMO-1またはSUMO-2/SUMO-3活性を解析することができます。
  • SUMO化確認用のポジティブコントロールとしてp53タンパク質とその抗体が含まれます。
  • 野生型と変異型の両方のSUMOタンパク質が含まれます。
  • 細胞や組織の抽出物,組換えタンパク質など様々な試料でSUMO化解析を行うことができます。
  • ヒト, マウスおよびラット試料が使用できます

Contents & Storage

SUMO-1 or SUMO-2 and SUMO-3 wild-type and mutated proteins, SUMO-1 or SUMO-2/3 antibodies, p53 control protein, p53 antibody, SUMOylation buffer, Protein buffer, E1 activating enzyme and E2 conjugating enzyme. Reagent storage conditions vary from -20°C to -80°C, see manual for details. All reagents are guaranteed stable for 6 months when stored properly.

SUMOlink Kits provide enough reagents to perform 20 in vitro SUMOylations with the WT SUMO protein and 20 in vitro SUMOylations with the Mutated SUMO protein.