Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items

ChIP コントロール qPCR プライマーセット

ChIPコントロール用検証済みqPCRプライマー

ポジティブおよびネガティブな結合領域を増幅するプライマーは,クロマチン免疫沈降(ChIP)実験の重要な構成要素です。残念ながら、転写因子結合部位、ヒストンの修飾およびCpG DNAメチル化部位は、細胞型によって様々です。従って各々の細胞系で使用するためのコントロールを特定することは困難です。

この理由から、アクティブ・モティフ社は、多くのより一般的なChIP標的のためのポジティブおよびネガティブコントロールとして,多種多様なプライマーセットを提供します。

このプライマーセットを使用することで、動物種/遺伝子特異的コントロールプライマーを設計、合成およびテストするための時間と労力を省くことが可能です。各プライマーセットは、多くの異なるタンパク質またはヒストン修飾を試験するために,複数の細胞系でテストされます。プライマーセットはqPCRおよびエンドポイントPCRの両方で使用できることが確認されており,また弊社のエピジェネティクス受託サービス部門によって定期的に使用されています。ChIP実験で使用される細胞型と抗体の組み合わせによっては、いくつかのプライマーは予想通りに機能しないかもしれないので、複数のオプションが用意されています。

以下のリンクをクリックして,クロマチン免疫沈降のための種特異的なqPCRプライマーセットをご覧ください: