Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items

ChIP-IT® Express Shearing Kits

お好みのせん断方法でChIPを始めてください

 ChIP-IT® Express Kits には,超音波処理または酵素処理によるせん断を用いたクロマチン調製のための試薬を含む,必要とされる全ての試薬が含まれているので,より成功したクロマチン免疫沈降(ChIP,クロマチンIP)を行うことができます。しかし,断片化されたクロマチン試料を用いてどれくらいの免疫沈降を行うか次第で,ChIP-IT Expressキット中の全ての免疫沈降用試薬を使用する前に,断片化試薬を使い果たしてしまうかもしれません。この理由から,ChIP-IT Express Shearing および ChIP-IT Express Enzymatic Shearing キットは別売りされています。これにより必要とする試薬だけを購入することができます,一方で,伝統的な超音波処理または弊独自の酵素処理によるせん断のいずれかを使用する柔軟性を与えます。

更に,アクティブ・モティフ社の EpiShear™ Sonicator が弊社のChIP-IT超音波処理製品およびプロトコールの開発に使用されており,EpiShear™ Sonicator はChIPで用いるクロマチン調製に理想的です。

 
Name Format Cat No. 価格 (税抜)  
ChIP-IT® Express Shearing Kit (included in 53008) 10 rxns 53032 ¥40,000 Buy Now
ChIP-IT® Express Enzymatic Shearing Kit (included in 53009) 10 rxns 53035 ¥48,000 Buy Now

ソニケーションまたは酵素を用いたクロマチン断片化

ChIPアッセイを成功させるためには, クロマチンを200-1000 bp に断片化する必要があります。従来クロマチン断片化はソニケーションを用いて行われてきました。ソニケーションは有効な方法ですが, 溶液の過熱や乳化が発生することもあり, 条件検討が難しく再現性に問題がありました。再現性はソニケーターの品質にも左右されるため, 高価なソニケーターが必要となります。このような問題を解決するために, アクティブ•モティフでは酵素を用いてクロマチン断片化を行う方法を開発しました。キット付属のEnzymatic Shearing Cocktailを使用して, 迅速かつ簡便にクロマチンを 200-1000 bp に断片化することができます (図1)。酵素処理によるクロマチン断片化は反応時間と温度のみに依存するため, ChIPアッセイの結果を改善することができます。クロマチンの酵素処理に必要な試薬はChIP-IT Enzymatic Kit (コントロール付属キットまたはコントロールなしキット), ChIP-IT Express Enzymatic Kitおよびクロマチン断片化試薬のみがセットになったEnzymatic Shearing Kitに付属しています。

 
図1: Enzymatic Shearing Kitを用いたクロマチン断片化解析

HeLa細胞を1%ホルムアルデヒドで10分間固定し, Enzymatic Shearing Kitを用いてクロマチンを得た。得られたクロマチンはEnzymatic Shearing Cocktailを用いて, それぞれ5分間, 10分間, 15分間反応させた。酵素未処理 / 処理済クロマチンは脱クロスリンク, Proteinase K処理, フェノール / クロロホルム抽出を行い, プロトコルに従って精製した。その後 1% アガロースゲルを用いて電気泳動を行った。

Lane 1: 100 - 1000 bp DNAラダーマーカー
Lane 2: 酵素未処理のHeLa細胞DNA
Lane 3: 5分間酵素処理したHeLa細胞DNA
Lane 4: 10分間酵素処理したHeLa細胞DNA
Lane 5: 15分間酵素処理したHeLa細胞DNA

Flexible ordering options

The ChIP-IT Sonication and Enzymatic Shearing Kits provide sufficient shearing components to optimize shearing conditions and then make 5 preparations of sheared chromatin from three 15 cm plates (4.5 x 107 cells); each chromatin preparation will yield enough material to perform approximately 6 ChIP reactions. (These identical shearing components are already included in the ChIP-IT and ChIP-IT Express Kits, so you don’t need to buy a stand-alone shearing kit unless you’re running out of shearing components.)

Contents & Storage

Shearing Buffer (or Digestion Buffer and Enzymatic Shearing Cocktail), 10X PBS, 10X Glycine, 1X Lysis Buffer, Protease Inhibitor Cocktail, PMSF, EDTA, Proteinase K and RNase A. Reagent storage conditions vary from room temperature to -20°C. Please download a manual for complete kit specifications and storage conditions. All reagents are guaranteed stable for 6 months when stored properly.