Active Motif,
Tools to analyze nuclear function,
Your CartYour Cart 0 items
タンパク質検出・定量

タンパク質検出・定量

多くのタンパク質の機能と活性は,翻訳後修飾を通して調節されます。様々な官能基の追加や除去は,タンパク質の形を変えたり,他のタンパク質に結合することを可能にしたり,修飾される前には不可能な他の役割を果たす構造的な変化を引き起こすことができます。リン酸化,メチル化,アセチル化,ユビキチン化およびSUMO化は,タンパク質活性と細胞シグナリングの制御に関与している修飾のごく一部です。