Ras GTPase Chemi ELISA Kit

活性化Ras GTPaseを迅速に高感度で検出

 

Ras GTPase Chemi ELISA Kitの概要

Ras GTPase Chemi ELISA Kit Service
 

Ras GTPase Chemi ELISA Kitは、細胞または組織中の活性化されたRas GTPaseを検出・定量するためのELISAベースのキットです。活性化型Rasの定量は、新たなRas活性化シグナルの解析や、変異したRasタンパク質の量、また治療薬の効果を検証するのに役立ちます。

Ras GTPase Chemi ELISA Kitは、活性化型Rasに特異的に結合するc-Rafキナーゼタンパク質のRas結合ドメイン(Raf-RBD)を利用したアッセイです。GSTと融合したRaf-RBDをグルタチオンでコートした96ウェルプレートに結合させた後、測定したいサンプルをプレートに加えることで、活性化型Rasがプレートに結合します。ここに抗Ras抗体を加えて、さらにHRP標識した二次抗体を加えます。その後、プレートをルミノメーターで測定することで、活性化型Rasの量を定量します。96ウェルプレートで行うため、手作業による少数のサンプル処理からハイスループットの解析まで対応します。

Flow Chart of Ras GTPase Chemi ELISA Kit

Flow Chart of Ras GTPase Chemi ELISA Kit
(Click image to enlarge)

Ras GTPaseについて

Rasタンパク質は、 GTPの加水分解酵素です。GTPに結合し加水分解する活性を有しており、分子スイッチの役割を果たしています。GTPに結合したRasは、活性型となり、エフェクタータンパク質を活性化して、細胞の増殖、分化のシグナルを下流へ伝達します。一方、GDPに結合したRasは不活性型となります。

Rasのシグナルは通常、一過的に活性化されます。それは、Rasに結合したGTPが速やかにGDPへ加水分解され、不活性化型になるためです。しかしながら、がんなどで見られる変異したRasは、GTPに結合したような活性化型の状態で維持されます。そうなると、Rasのシグナルが常に活性化されて細胞は制御不能となり、増殖を繰り返すことになります。実際に、ヒトのがんの30%でこのRas遺伝子の変異が検出されており、特に膵臓、肺、大腸がんではさらに高率で変異が見つかっています。そのため、Rasはがんの研究や治療において重要な標的となっています。

Ras GTPase Chemi ELISA Kitの特長

  • 検出範囲   1ウェルあたり、3-25 mgの細胞抽出液、もしくは0.6 ngの精製タンパク質 
  • 感度   ELISAアッセイは、プルダウン/ウェスタンブロットよりも高感度
  • 多用途   細胞または組織抽出液、もしくは精製Rasタンパク質が利用可能。
  • 反応性   活性化型ヒトK-RasまたはH-Ras、または活性化型げっ歯類H-Ras
  • 短時間   5時間以内
 

Ras GTPase Chemi ELISA Kitの構成品

Ras GTPase Chemi ELISA Kitは、96反応分の試薬を含んでいます。ドライアイス詰めで発送されます。キット到着後に構成品を確認して、それぞれの試薬に適した温度で保管ください。すべての試薬は、受領後適切に保管された場合6ヶ月安定であることを保証いたします。このキットの構成品は以下の通りです。

  • Hela whole-cell extract (EGF treated); Store at -80°C
  • GST-Raf-RBD; Store at -80°C
  • H-Ras antibody; Store at -20°C
  • Anti-rat HRP-conjugated IgG; Store at -20°C
  • Protease Inhibitor Cocktail (PIC); Store at -20°C
  • Lysis/Binding Buffer AM1; Store at 4°C
  • 10X Wash Buffer AM2; Store at 4°C
  • 10X Antibody Binding Buffer AM2; Store at 4°C
  • Chemiluminescent Reagent; Store at 4°C
  • Reaction Buffer; Store at 4°C
  • 96-well Glutathione-coated Assay Plate; Store at 4°C
  • Plate Sealer; Store at 4°C
 

Ras GTPase Chemi ELISAのデータ

Ras GTPase Chemi ELISA quantifies activated Ras

Figure 1: RasGTPase Chemi ELISAキットによる活性化型Rasの定量
HeLa細胞を5 ng/ml のEGFで2分間刺激し、その全細胞抽出液の活性化型Rasを定量した。比較としてEGFで刺激をしていない同量の細胞抽出液を基底状態の活性化型Rasとして用いた。

 

Ras GTPase Chemi ELISA Kit FAQs

凍結した細胞、組織を使うことはできますか?

新鮮なサンプルを使うことを推奨します。サンプルの活性化状態を測定するため、サンプルの凍結融解による影響が考えられます。もし凍結したサンプルしか得られない場合には、サンプルの融解、および溶解(ホモジナイズ)にComplete Lysis/Binding Bufferを用いることを推奨します。細胞溶解液は、分注して-80℃で保管することができますが、凍結融解は避けてください。

組織サンプルの調製方法について教えて下さい

組織サンプルを利用いただく場合には、まず組織を分散させて1細胞毎にする必要があります。そのため、Nuclear Extract Kitを用いて全細胞抽出液を取得することを推奨しています。

どのタイプのRasを検出できますか?

キットに添付のH-Rasの抗体は、ヒトのH-RasおよびK-Ras、マウスのH-Rasを認識します。

どのようなコントロールがキットに付属していますか?

陽性コントロールとして活性化型Rasを含むEGF処理したHeLa細胞抽出液が、8反応分添付されます。この抽出液は1wellあたり25μgを利用することで、強いシグナルが検出されるよう最適化されています。

その他、どのようなコントロールが利用できますか?

GTPγSおよびGDPを利用して、それぞれ陽性コントロール、陰性コントロールとする方法を製品マニュアルで紹介しています。

 

Ras GTPase Chemi ELISA kitの論文使用実績

お客様の投稿した論文実績データベースから、RasGTPase Chemi ELISA Kit (#52097)の使用例が検索可能です。


 
 
 

Ras GTPase Chemi ELISA Kitの資料

 


こちらもご参照ください:

 
Name Format Cat No. Price  
Ras GTPase Chemi ELISA Kit 1 x 96 rxns 52097 ¥165,000 Buy