FactorPath™ ChIP-Seq受託サービス

転写因子の結合部位をゲノムワイドに同定

 

FactorPath™ ChIP-Seq受託サービスの概要

Transcription Factors
 

アクティブ・モティフのFactorPath™ ChIP-Seq受託サービスは、ゲノムワイドに転写因子などのゲノム結合領域を同定することができます。転写因子ChIP-Seq受託サービスは、多くのアプリケーションに利用されており、特性不明の転写因子のコンセンサス結合モチーフの特定や、薬剤処理に応じた転写因子の結合パターン変化の解析にも有用です。

ChIP-Seqのエキスパートであるアクティブ・モティフのサービスチームが、サンプル調製からバイオインフォマティクス解析までをサポートしますので、より早く、よりインパクトのあるジャーナルで論文を発表することができます。

転写因子ChIP-Seq受託サービスの内容

  • クロマチンの調製と超音波処理による断片化
  • ChIP検証済み抗体を用いたChIP反応
  • qPCRによる検証
  • ChIP-Seqライブラリーの調製
  • 次世代シーケンス
  • 包括的なバイオインフォマティクスとデータ解析
  • 論文掲載にも利用できる図表の作成

詳細については、エピジェネティクス受託サービス問い合わせフォームまたはjapantech@activemotif.comまでお問合せください。また、アクティブ・モティフのエピジェネティクス受託サービスパンフレットをダウンロードすることができます。

 

転写因子ChIP-Seq受託サービスのデータ

ChIP-Seq data generated by Active Motif Epigenetic Services maps hundreds of MITF binding sites across a 60 million bp region on chromosome 9
図1. 転写因子ChIP-Seqによる9番染色体上のMITF結合部位のマッピング

ヒトメラノーマ細胞株 (250万細胞) のクロマチンと抗MITF (Microphthalmia-associated Transcription Factor) モノクローナル抗体 (Cat. No. 39789) を用いてChIP-Seqを実施した。ChIP DNAをイルミナ社のGAIIを用いてシーケンスし、1900万リードからゲノム全体のMITF結合部位を同定した。図は、9番染色体上の6000万bpの領域にわたる数百のMITF結合部位を示している。

 

 

転写因子ChIP-Seq受託サービスの資料

 


こちらもご参照ください

 
Name Cat No. Price  
FactorPath™ ChIP-Seq 25001 Get Quote